awaiとはawaiのものづくりイベント/ニュースきかた教室相談する
ホーム  >  awaiとは
awaiとは






明治維新、そして戦後、日本人の生活が西洋化する中で日常着だった着物・和服がどんどんと遠い存在になってしまいました。ほんの数十年前までは意識することもなく着ていた着物が、教室に何ヶ月も通わないと着ることができない難しいものという誤ったイメージが固定化してしまいました。

awai は、もともと「間」に由来します。漢字で「間」と書いて「ま」「かん」「あい」「あわい( あはひ)」と読みます。色が淡いというときの「淡い」の語源も中間の色という意味で一緒だったのかも知れません。

awai は、現代の生活の中で着物を着て頂くことで、現代人が忙しい生活の中で忘れがちな「間( ま)=あわい、まあい」の感覚を取り戻して頂きたい、そんな想いでブランドづくりをしています。

作り手の想いを押し付けるのではなく、現代の都会生活に求められている(洋服とは違う)価値観とスタイルを着物を通じて提案してゆきます。

そのために、私たちが実際に毎日着物で通勤し生活をすることを通じて、本音で欲しい・楽しい・嬉しいと思える、そんな商品を生み出すことを大切にしています。

いま改めて日本古来のものを大切にしようという機運が高まっています。
日本文化に常にあり続けた衣服としての着物、私たちはいま新たに着物を発見するのです。

※当社は1897 年に創業しました。博多織は帯の三大産地として知られ、
最盛期には100 軒以上あった織元も現在では当社を入れて実質的に10 数軒を数える程になっています。




週末、着物で買い物に出かけてみる。友人と着物でお茶をしてみる。
特別に改まった事としてではなく、普段の暮らしの中での着物を楽しむ。
着物に袖を通すと、いつもと違う、ゆったりと贅沢な時間が流れ始めます。
awai が考える現代の感覚に沿うスタイルで、着物のある暮らしを始めませんか?

着物の楽しみは、着物を着るだけではありません。
美しく見える体の所作、色に対してのさりげない気配り、巡る季節の楽しみ方など
身近なところから、美術、古典、歴史など思わぬ分野への関心や喜びが見つかることも。

クローゼットに洋服と着物が並ぶ、洋服を選ぶように着物をコーディネトする、
そんな自由で豊かな感性を育ててみませんか。

pagetop