awaiとはawaiのものづくり商品一覧よくある質問相談するきかた教室
ホーム  >  博多織について
博多織について



《博多織とは》
博多織は1241年、宋(当時の中国)から技術を持ち帰ったのがその始まりと言われており、その歴史は770年以上を誇ります。江戸時代初期、筑前藩主の黒田長政は幕府への献上品として博多織を選びました。有名な「博多献上帯」の名はここから生まれたのです。今では博多織は伝統的工芸品に指定されています。(昭和51年、通産大臣より指定)
博多織の帯はとにかく"締めやすい"のが特徴となっています。その理由は「タテ糸が多い」ということ。細いタテ糸をたくさん使い、太いヨコ糸を強く打ち込むことでハリとコシが出て、きちんと締まりくずれにくい帯となるのです。

「武士も愛用」
時代劇などを見ると、江戸時代の武士のほとんどが献上柄の博多織、つまり博多帯を締めています。武士が命よりも大切にした刀、そのさやが抜けないよう、よく締まる博多帯を愛用したのです。

《博多織の開祖と起源》
1235年、博多湾から、博多の商人、満田弥三右衛門と聖一国師は宋へと旅立ちました。その後、6年間、2人はそれぞれ修行を積み、1241年再び博多湾へ戻って来ました。聖一国師は、褝を極め、弥三右衛門は、五科を習得して帰ってきました。弥三右衛門の五科とは、朱焼・箔焼・素麺・麝香丸・織物のことで、当時の最先端技術でした。弥三右衛門は、これらの技術を多くの人々に伝えましたが、織物の技術だけは、家伝の秘宝としました。これが、博多織の起源とされています。

《献上柄の由来》
満田弥三右衛門は、博多織の独自の織紋様をつくろうといろいろ思索していましたが、なかなかよいアイデアが浮かびませんでした。そこで、宋の国へ一緒に行った承天寺の聖一国師のところへ相談にいきました。聖一国師は、傍らに置いてあった独鈷(*)と華皿(*)を持ち出して、これを使って紋様をつくることをすすめました。そうして、できあがったのが、献上柄です。
※この頃はまだ「献上柄」とは呼ばず、「独鈷と華皿文様」という文様名でした。

独鈷
【独鈷(どっこ)】
真言宗で使用する、煩悩を打ち砕く法具。
華皿
【華皿(はなさら)】
法要のときに散布する花を盛る器。

その他2種類の縞があります。
【親子縞】親が子を守る姿を表し
【孝行縞】子が親を守る姿を表現したとされています。

《黒田長政と献上博多》
関ヶ原の戦い(1600年・安土桃山時代)に徳川家康の元で手柄を立てた黒田長政は、筑前の国52万石を家康から授かり、筑前黒田藩の初代藩主となりました。徳川幕府への忠誠の印として、博多に古くから伝わる独鈷に華皿柄の博多織を献上品に選びました。それ以来、毎年3月に、帯十筋と反物三定の博多織を献上することになり、「献上博多」の名称が誕生しました。


《博多織歴史》
古代 BC200年頃 福岡市の比恵遺跡、有田遺跡などから日本で確認されている最古の手織絹(平絹)が出土
AD57年 後漢の光武帝が奴国王に金印を授与
飛鳥時代 604年 推古11年 聖徳太子が憲法十七条を制定
奈良時代 757年 天平宝字元年 櫛田神社鎮座(一説には686年)
平安時代 794年 延歴13年 平安京に遷都
804年 延歴23年 空海、最澄、橘逸勢らが入唐
806年 大同元年 空海が帰朝し、博多に東長寺(真言宗)を建立
北宋 903年 延喜3年 菅原道真が大宰府の南館(榎寺)で病没、59歳
南宋 1161年 応保元年 平清盛が博多の津に日本初の人工港「袖の湊」を造ったと伝えられる
1185年 元暦2年 壇ノ浦の戦い。平家滅亡、安徳天皇は8歳で入水死
鎌倉時代 1195年 建久2年 栄西禅師、源頼朝に言上し、「博多百堂」(宗人百堂)跡地に聖福寺を建立
1235年 嘉禎元年 満田彌三右衛門、円爾辯圓(聖一国師)宗(明州)へ向け博多の津を出港
1241年 仁和2年 満田彌三右衛門、円爾辯圓(聖一国師)とともに博多の津に帰る
博多織は満田彌三右衛門が宗から持ち帰った唐織(広東織)から始まる
博多祇園山笠は、円爾辯圓(聖一国師)によって始まる
1242年 仁和3年 博多綱首謝国明、円爾辯圓(聖一国師)を招き承天寺を開く
1274年 文永11年 元軍、博多湾へ奇襲(文永の役)
1281年 弘安4年 元軍ふたたび来襲(弘安の役)
室町時代 1338年 建武5年 足利尊氏、征夷大将軍になる
1467年 応仁元年 応仁の乱
1530年頃 天文年間 満田彦三郎、揚州広東地方に行き織物の研究をしたと伝えられる
安土桃山 1573年 天正元年 織田信長、足利義昭を追放。室町幕府の滅亡
1590年 天正18年 豊臣秀吉、北条氏を滅ぼす。奥州を平定して天下統一
1592年 文禄元年 豊臣秀吉、朝鮮出兵のため肥前名護屋城に本陣を構えた折、竹若伊右衛門は「天下太平国家安穏日月浪清」の12文字を織り出した下緒を献ずる
1600年 慶長5年 竹若伊右衛門は黒田長政入国の際、数種の博多織を贈る
黒田藩は博多織屋に軍旗および定格献上品の御用を命じる
江戸時代 1603年 慶長8年 徳川家康、征夷大将軍となり江戸に幕府を開く
1750年頃 宝暦年間 博多織屋株仲間、織元12戸が成立していたと伝えられている
1853年 嘉衛6年 喜多川守貞の著した「守貞漫稿」の江戸の風物に博多絞の記録がある
1867年 慶応3年 徳川慶喜、大政奉還を朝廷に申し出る。王政復古の大号令出される
明治 1872年 明治5年 朝廷大礼服が通常礼服に制定され、公式の席から和装が激減し洋装化する
1875年 明治8年 ジャカード機、我が国に輸入される
1885年 明治18年 ジャカード機・ドビー機、博多に導入される
1904年 明治37年 日露戦争勃発
大正 中華民国 1923年 大正12年 9月1日、関東大震災
昭和 1945年 昭和20年 8月15日、日本敗戦
軍需向け繊維類の民需転換承認
中華人民
共和国
1959年 昭和34年 博多織工業組合、出資組合となる
1976年 昭和51年 博多織「伝統的工芸品」に通産大臣より認定される
平成 1991年 平成3年 博多織750周年記念式典の開催。博多生絹(すずし)を復活開発


pagetop